投稿日:2020年10月25日

コンクリート土間仕上げ、よくある失敗ポイントとは

こんにちは!
岡山県岡山市に拠点を置き、中国地方や四国地方・関西の一部地方でコンクリート土間仕上げ工事を行っている、株式会社宮田工業です。
コンクリート建造物建造の際に欠かせないコンクリート土間仕上げという工事ですが、コンクリートを使うことによる特有の欠点も存在します。
そこで今回は、コンクリート土間仕上げ工事を行った際のよくある失敗ポイントについてご紹介したいと思います!

失敗その一・コンクリートに色むらが生じる

コンクリートは扱いが非常に難しい素材です。
気候やコンクリートに含まれる水分の量・セメントの材料の相性・養生期間の違いなどによって、コンクリートに色むらが生じてしまうことがあります。
上記のように色むらの原因は複数に渡るので原因を突き止めることは難しく、対処法も「コンクリートから水分や薬材が抜けるのを待つ」という他にありません。
半年~一年ほどでコンクリートから水分や薬材が抜けて色が白くなってきますから、多少色むらも気にならなくなってきます。

失敗その二・クラック(ひび割れ)が生じる

コンクリートは圧縮の力に強く、引っ張る力に弱いという性質を持っています。
またコンクリートは夏になると膨張、冬になると収縮するため、その際の膨張・収縮率の違いから「クラック」というひび割れが生じてしまうのです。
また、コンクリート施工前の段階の砕石の転圧が十分でないと、コンクリートが流し込まれた後に地盤沈下し、コンクリートが耐えきれずにクラックを生じてしまうということもあります。
対応策としては、コンクリートの中にワイヤーメッシュを入れて強固な鉄筋コンクリートにする、コンクリートに継ぎ目を入れて目に見えるクラックを減らす、などがありますが、100%防ぎきれるものではありません。

失敗の少ない施工なら、株式会社宮田工業へ

ここまで、コンクリート土間仕上げ工事のよくある失敗ポイントについてご紹介してきました。
残念ながら色むらやクラックを100%防ぐことは出来ませんが、熟練の技である程度これらのトラブルを減らすことは出来ます。
株式会社宮田工業なら、創業20年の経験から極力欠点のないコンクリート土間仕上げ工事を提供致しますので、ぜひお気軽にお問合せください!

土間屋として働くスタッフを大募集中!

株式会社宮田工業では、土間屋としてコンクリート土間仕上げ工事を行うスタッフの求人を大募集しています。
未経験からでも熟練のスタッフが丁寧に業務を教えるので、いずれ高度な技術を手にすることも可能です。
ご興味のある方はぜひお問合せください。

株式会社宮田工業
〒700-0955  岡山県岡山市南区万倍176番地5
TEL&FAX:086-244-5041
担当者直通:090-4578-4321


関連記事

株式会社宮田工業の気になるトコロ

株式会社宮田工業の気になるトコロ

こんにちは!株式会社宮田工業です。 弊社は岡山県岡山市に拠点を構え、中四国、関西の一部にて商業施設・ …

施工実績(動画)

施工実績(動画)

https://domaya-miyata.com/wp-content/uploads/data. …

施工実績を更新しました!

施工実績を更新しました!

こんにちは!株式会社宮田工業です。 弊社は岡山県岡山市に拠点を構え、中四国、関西の一部にて商業施設・ …

お問い合わせ  各種募集